主砲の前に走者出ず苦杯

  • 0
  • LINEで送る

4回裏木更津総合1死一、三塁、杉崎がスクイズを試みるがファウル=甲子園

 春夏合わせて3度の優勝経験のある智弁和歌山に左腕エース田中優がつかまり、打線は二回以降追加点が奪えなかった。木更津総合は、初出場した5年前と同じく2回戦の壁を打ち破ることができなかった。

 強豪相手にひるむことはなかった。打線は狙い球を直球に絞り、初球から思い切りよくバットを振った。一回の3番佐伯隼士のチーム初ヒットも初球をはじき返し中前打。先制されてもすぐに追いつき、田中の一時勝ち越しとなる右前打も初球だった。

  しかし、得点圏に走者を置いて中軸に打順が回ってきたのは1度だけ。「地引(雄貴)の前に走者を置けず苦しかった」と五島卓道監督。想像以上に相手左腕の 変化球が切れ、二回以降はホームが遠かった。「4―2なら分からなかった。5点目で勝負があった」と指揮官。七回に突き放されてしまった。