好調1番打線けん引

  • LINEで送る

 千葉経大付の重谷祐弥が県大会から続く好調を維持し2安打。「自分のバッティングができている。絶好調」と笑顔を見せた。

 第1打席でカウント2―0から真ん中の甘いスラーダーをおっつけ左中間三塁打。いきなりの快打に「きょうはいけるな」と手応えを感じると、五回にも右前打を放ち追加点に貢献した。

 県大会3回戦で起こした右足の肉離れはまだ完治していないが「甲子園の雰囲気でアドレナリンが出て痛みは感じなかった。次の試合も相手どうこうじゃなく、自分たちのリズムに持っていきたい」と声を弾ませた。