「最高の気分だった」 木更津総合・斎藤

  • 0
  • LINEで送る

 木更津総合の斎藤雅が六回に右前打で出塁、地引雄貴の左前打で生還し先制のホームを踏んだ。

 一回にスライダーを連投され見逃し三振。「相手バッテリーにスライダーが弱いと思われたと感じた」。先頭で回ってきた六回はそのスライダーを初球から狙って逆らわずに流し打ち、貴重な先制点を演出した。