後半に“風”巻き起こす

  • LINEで送る

  「沼南の風が吹くぞ」。五回終了後、選手たちにげきを飛ばした中西威史監督。試合後半、その言葉通り選手たちが“風”を巻き起こした。

 七回、佐々木祐貴がこの試合チーム初長打となる2点三塁打で同点。直後に勝ち越されても「絶対にあきらめない」。下を向く選手は一人もいなかった。九回一死から連続三塁打で同点とし、一、三塁の好機で再び打席に立った佐々木が勝ち越し打。土壇場で逆転劇を演じて見せた。

  敬愛学園の先発が新堀晃で来ると読んでいた。先制されることも織り込み済みで、沼南ナインははじめから勝負どころを試合後半と考えていた。序盤から足でか き回して相手投手に直球を多く投げさせるようにさせ、その直球を狙った。九回に同点三塁打を放った西川勝のようにカウント0―3からバットを振る積極姿勢 が最後に勝負を決めた。

 2回戦でAシード市柏にサヨナラ勝ちし、その後3試合をコールドの圧勝。指揮官はここまでの結果を「奇跡とまぐれです」と笑う。一気に決勝の舞台に踊り出た沼南。勢いは本物だ。