意地のランニング弾 成田国際・多田

  • LINEで送る

 成田国際の4強入りに大きく貢献した2年生・多田剛孝が八回にランニング2点本塁打を放ち意地を見せた。

 試合序盤は「(相手投手の) 縦に落ちるスライダーがすごかった。上のレベルを感じた」と3打席を終え無安打。だが迎えた第4打席は「スライダーを捨て、直球を狙った」と思い切りよく 振り抜き、一、二塁間を抜けた打球が右翼後方を転々とする間に一気にダイヤモンドを駆け抜けた。