重圧越え力投 安村悔いなし

  • LINEで送る

 成田のエース安村武将はロッカールームで散々泣いた後、一転晴れやかな表情を見せた。「悔いはない」。力を出し切っての敗戦だった。

 千葉ロッテ唐川侑己投手のエースナンバーを引き継いでからは、重圧との戦いでもあった。両選手は周囲からたびたび比較されたが、尾島治信監督に「おまえはおまえだ」と言われ吹っ切れた。

  初回、先頭打者に高めに浮いたストレートを狙われた。「甘い球は見逃してくれない」。関東の王者相手に厳しい戦いを予感したが、内野手の適時失策が続いて も「楽しもう」と声を掛け、チームが浮足立つのを防いだ。「自分が崩れたら終わりと感じていた」。いつしか重圧は責任感に変わっていた。