登板ごとに安定感増す 市船橋・岡崎嵩

  • LINEで送る

 市船橋先発の岡崎嵩は7回を無四球投球。登板ごとに安定感が増してきた。

 四球はいつもなら1試合で5―6個はあるが「初球からカウントが取れた」とストライクを先行。試合中盤に踏み出す歩幅を半歩狭め、上体が突っ込み気味になっていたフォームを修正。勝負球のスライダーにも切れが戻った。