1回の守りがすべて 我孫子

  • LINEで送る

 Bシードの我孫子は銚子商の猛打の前に敗れた。稲村正美監督は「一回の相手の攻撃がこの試合のすべてだった」と肩を落とした。

 今大会初先発の渋谷航の制球が定まらず、高めに浮いた球を狙われ3長短打、2死四球で3失点の苦しい立ち上がり。

 五回に大平千貴の左前適時打で1点を返したが「ここからという時に一気に差をつけられてしまった」と主将の工藤康平。三回から登板の森下寿稀がその裏に再び3点を奪われ、流れを取り戻せなかった。