全国高校野球選手権記念東・西千葉大会第8日

  • LINEで送る

 全国高校野球選手権記念東・西千葉大会第8日は19日、県総合スポーツセンター野球場など3会場で4回戦8試合を行い、成田国際が、春夏連続で甲子園出場を目指していたBシード安房を5―1で破った。

 Aシード勢は成東が5―4で拓大紅陵の猛追を振り切り、東海大望洋は志学館に逆転勝ち、東総工は杉山の2ランなどで4―2で佐原に競り勝ち、木更津総合は淡路の13奪三振の好投で千葉英和に快勝。ベスト8が決まった。

 20日は同球場など3会場で西大会4回戦8試合が行われる。