スライダーの切れ戻らず 千葉経大付・斎藤

  • 0
  • LINEで送る

3回途中でマウンドを吉野(左)に譲る千葉経大付・斎藤=甲子園

 一回、いきなりの5失点に千葉経大付エース・斎藤圭祐はマウンドでぼうぜんと立ち尽くした。「みんなが頑張ってくれたのに抑えられなくて悔しい」。

 自慢のスライダーが決まらなかった。「リリースが前すぎて指にかかりすぎてしまった」。カウントが悪くなり、直球を投げ込むしかなかった。その球が「甘く入ってしまった」。ことごとくはじき返され、波に乗る相手打線を止められなかった。二回、三回も立て直すことができず、マウンドを吉野聡泰に譲った。

 その吉野が無失点の好投。打線も七回に5安打の猛攻で6点を奪い1点差まで詰め寄ると、斎藤は再びマウンドに登った。「0点で抑えれば絶対に逆転してくれる」。自らに言い聞かせた。

 だが、スライダーの切れは戻らず「簡単に打たれてしまった」。最後まで自分の投球を見せることができなかった。

 「自分が打たれて負けてしまって申し訳ない」と下を向いたが「ここまでこれたのもチームのみんなのおかげ」。エースは仲間への感謝を口にして甲子園を去った。