初陣銚子 勝利で飾れず 機動力に翻弄される

  • LINEで送る

 今年度から男女共学になり1年生だけで臨んだ銚子の初めての夏は、コールド負けに終わった。「勝ちたかった。悔しい」。主将の加藤光滋の目からは涙が止まらなかった。

 「初回から声を出して攻めていこう」。ベンチで加藤がナインに声を掛けた一回の攻撃、3番・高木千夏がチーム初ヒット。先発の藤崎成紀は、走者を出しながらも丁寧な投球で後続を打ち取る立ち上がり。出だしは良かった。

 しかし、三回の守りで揺さぶりを掛けられた。一塁線へのセーフティバントに一塁カバーが遅れ先頭を出すと、三塁線にもセーフティバントを決められるなど、この回5安打され3失点。五回には3つ盗塁を許し得点圏に走者を進められ失点。加藤は「最初はリズムよく守っていたが、バントや足を使われてリズムが崩れてしまった」。若いチームは相手の機動力に翻弄(ほんろう)され敗れた。

 相手校の校歌を聞きながら「なんで自分たちが歌っていないんだ」。加藤は悔しさがこみ上げてきた。ただ、3年生投手からチームが6安打したのは自信につながった。加瀬優監督は「みんな一生懸命やったが、力みがあった。もっと体力をつけないと」。チームはまだスタートを切ったばかりだ。