安房31年ぶり4強

  • LINEで送る

 第89回全国高校野球選手権千葉大会第十一日は二十六日、千葉市美浜区の千葉マリンスタジアムと同市稲毛区の県総合スポーツセンター野球場で準々決勝四試合が行われ、ノーシードの安房と、シードの木更津総合、市船橋、東海大浦安が4強に進出した。

 安房はAシード東総工に快勝し、一九七六年の準優勝以来三十一年ぶりの4強。九回に追いついた東海大浦安は千葉敬愛に延長十一回サヨナラ勝ち。

 市船橋は岩崎翔のノーヒットノーラン(参考記録)で、快進撃を続けた鎌ケ谷に七回コールド勝ち。地力に勝る木更津総合は市柏を投打に圧倒、七回コールドで撃破した。

 千葉マリンであす二十八日に準決勝、二十九日に決勝の予定。