「配球ミス…」9回のリード悔やむ 千葉敬愛・遠藤

  • LINEで送る

 「きょうの試合は君たちの最高の試合だった。こんなにできるとは思わなかった」。すすり泣きが満ちる千葉敬愛のロッカールーム。選手をたたえる伊藤昇宏監督の言葉通りの好ゲームだった。

 立役者は全員。中でも右腕・大川哲也と遠藤純平捕手の活躍が光った。六回から登板した大川はいつも通りのポーカーフェース。前日7回を投げた疲れを隠し、切れのある球でリリーフとしての役割を果たした。

 遠藤は三回にバッターの表情の変化を見逃さずスクイズを外した。四回にはブロックで本塁を守り、七回には走者として、二塁をがら空きにした相手のミスを見逃さず悠々と盗んでみせた。いずれも得点に絡むプレー。盗塁は結果的に二塁手から悪送球を引き出し、自ら一時逆転のホームを踏むことになった。

 悔やまれるのが勝利目前だった九回の投球。低めのストライクで畳み掛け追い込んでからの球だった。外角の球をはじき返され同点とされた。「高めの要求に甘く入ってしまった」と大川が言えば「配球ミス。自分のリードが中途半端だった」と遠藤。

 延長十一回の決勝打は打席の前で大きくバウンドする内野安打。不運としか言いようの無い結末に伊藤監督は「きょうは俺のミス。俺のミスだよ」。繰り返した。