市船橋 鮮やかな集中打 4回一巡、6安打5得点

  • LINEで送る

 全国高校野球選手権千葉大会最終日は29日、千葉マリンスタジアムで決勝が行われ、市船橋が木更津総合を9-1で下し優勝、9年ぶり5度目の甲子園出場を決めた。

 市船橋は四回に4連打など打者9人で5点、五回も3点を追加して優位に展開、山崎、岩崎の投手リレーで制した。

 市船橋は、これまで1996-98年の3年連続出場をはじめ、5度すべて決勝で勝利、勝負強さが際立った。

 木更津総合は投打のバランスがとれ、先行して主導権を握る展開で4年ぶり4度目の決勝進出を果たしたが、序盤に先制点が奪えず、2度目の優勝はならなかった。

 市船橋は8月8日に開幕する甲子園に出場する。抽選会は同月5日。

 ▽決勝(千葉マリン)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
市船橋 0 0 0 5 3 0 0 1 0 9 9
木更津総合 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 8

(市)山崎、岩崎-篠崎

(木)田中、斎藤翔、古川-地引

▽三塁打 橋本(木)

▽二塁打 高橋亮、国枝(以上市)

 【評】市船橋が投打に圧倒した。3回まで無安打に封じられていたが、4回に鮮やかな集中打。打者一巡で4連打を含む6長短打で5点を先制した。5回にも連打に相手失策を絡めて3点を加え、勝負の大勢を決めた。この大量リードを山崎-岩崎のリレーで1失点に抑えた。木更津総合は4回、先発の田中が突然崩れ、打線も8安打しながら1得点と、攻守に強豪校らしさを発揮できなかった。