平成29年度 郷土史講座1 「月待講・日待講と夜空」

  • LINEで送る

 白井市郷土資料館では、市の歴史や文化などを紹介する郷土史講座を毎年3回開催しています。

 第1回目にあたる今回は、プラネタリウム館と初のコラボです。江戸時代に「月待」という、特定の月齢の日に月見をする行事が盛んに行われていました。白井でも、十九夜塔と二十三夜塔が造られ、「月待講」が行われていたことがわかります。これらの月待や日待の行事について紹介するとともに、実際に江戸時代の人々が見ていた夜空をドームで再現し、解説します。月待講と日待講をプラネタリウムで疑似体験してみませんか。※内容や時間帯は予定であり、詳細は白井市ホームページや広報紙等で募集します。

【日時】1月20日(土) 11:00~12:00
【場所】白井市文化センター プラネタリウム館
【料金】白井市内在住 210円  白井市外在住 320円
【募集内容】一般 80人(先着順) 1月5日から受付開始
【交通】北総線白井駅北口から徒歩12分
【URL】http://www.center.shiroi.chiba.jp/kyoudo/
【問合せ】白井市文化センター TEL 047(492)1124