八朔祭り/賀茂神社(南房総市)

  • LINEで送る

 毎年8月1日・2日に行われる八朔祭りでは「三番叟」と「花踊」が奉納されます。

 この神事に出演する少年少女は、当日、加茂区集荷所に集まり衣装を整え、区長の先導により行列を組んで神社に向かいます。神社では、神官・氏子総代・来賓等が少年少女の到着を待ち、全員が揃ったところで祭典が執り行われます。祭典終了後、奉仕の少年少女は、清められた舞台に昇り、三番叟の舞より奉納されます。三番叟を当社では「倭(やまと)の舞」といい、少年による奉納舞です。翁(おきな)、千歳(せんざい)、黒式尉(こくしきじょう)の舞子3名、太鼓1名、小鼓3名、笛1名、脇役1名によって演じられます。

 花踊は、8人の少女が白衣に緋(ひ)袴(ばかま)の巫女姿で踊る優雅な舞です。花踊の名称は、少女たちが手に紅白の紙花をつけた竹を持つことから名付けられたと言われていますが、実際にはその他に手拭を持って踊る「手拭(てぬぐい)踊(おどり)」や紅白の棒に赤・黄・緑の房をつけた毛槍を持って踊る「奴(やっこ)踊(おどり)」、紅白の造花を盛った手籠を手に持って舞う「手(て)籠(かご)踊(おどり)」が次々に演じられ、これらを総称して「花(はな)踊(おどり)」と呼ばれています。

日 時 8月1日(土)~2日(日)12:00~
会 場 賀茂神社/南房総市加茂2070
交 通 JR内房線南三原駅からタクシーで10分
問合先 TEL(0470)46-2963 南房総市生涯学習課(指定文化財に関する事)