上総十二社祭り/玉前神社~釣ヶ崎海岸(一宮町)

  • LINEで送る

 房総最古の浜降り神事。

 一説に大同2年(807)創始といわれ、1200年以上の歴史と伝統を誇ります。上総の裸まつりとも称される上総十二社祭りは県の有形文化財に指定され、九十九里海岸の南端、釣ヶ崎海岸に同社御祭神に縁のある一族の神々が再会する浜降り神事です。2500人の男衆が神馬や十基余りの神輿を各社から担ぎ出し、九十九里の大海原を背に渚を疾走、集結する光景は圧巻です。

 毎年9月10日には、鵜草葺不合尊が鵜羽神社より神輿に乗って、玉前神社の玉依姫命を訪ね一年に一度の逢瀬の契りを結ぶという神事が執り行われ、続いて生まれた神々を鵜羽神社の井戸に流すという神事も行われます。そして、13日には例祭が古式ゆかしく厳かに行われ、伝承される物語にあるように、九十九里浜の釣ヶ崎海岸に神々が集うという壮大な物語の神事が行われます。

期 日 9月10日(火)・12日(木)~13日(金)
内 容

【10日】鵜羽神社御迎祭

【12日】18:00 宵宮祭

【13日】10:00 例祭  13:00 神輿発輿祭  13:45 三之宮神社お迎え祭  15:00 釣ヶ崎海岸神輿集結  19:30 神輿還御祭

場 所 玉前神社~釣ヶ崎海岸/長生郡一宮町一宮3048
交 通 JR外房線上総一ノ宮駅下車徒歩7分
問合先 TEL(0475)42-2711 十二社まつり保存会(玉前神社内)
URL http://www.tamasaki.org/