あらい祭/大宮神社(芝山町)

  • LINEで送る

 無病息災・火盗難除・五穀豊穣の祈願を目的として行われているお祭りです。

 当日の祭事は、“鍋かけず”といい、この日は各家の釜戸には火を焚かず、当番の家に集まり、“神の食”を食べて祭事を祝います。祭壇には、男女の“神物”が飾られ、無病息災を祈って獅子舞が行われ、獅子がその“神物”を新妻の食前に出し、子宝授恵・子孫繁栄を願います。

 神社においては、一か月前から男の子たちがカヤを集め、竹でやぐらを組み、そのカヤを詰めて小屋を作ります。合戦に見立てたもので、神社は城ということになります。宮司寺を正門から入れまいと小屋に火を放ち、大根を宮司等に投げ、阻止し、元気に育っている証明としています。

 その後、神前では祝いの儀式が執り行われます。

日 時 2013年12月14日(土) 11:00~15:00
場 所 大宮神社/山武郡芝山町山田
交 通 芝山鉄道「芝山千代田駅」から芝山ふれあいバス松尾駅行き山田下車徒歩10分
問合先 TEL(0479)77-3918 芝山町まちづくり課