鬼来迎/広済寺(横芝光町)

  • LINEで送る

 鬼来迎は、“鬼舞い”とも呼ばれ、地獄を再現し、仏教の因果応報の理法を説いた800年近く伝えられている仏教劇で、毎年8月16日に広済寺の施餓鬼会の後に、鬼来迎保存会によって演じられます。

 話の筋は、地獄を舞台とし、死者が閻魔大王の裁きを受け、鬼どもの責め苦に遭うものを菩薩が救うという内容です。

 鬼来迎は、地獄の責苦を骨子とした“大序”・“賽の河原”・“釜入れ”・“死出の山”の四段(当日の上演あり)と、広済寺建立縁起を物語る“和尚道行”・“墓参”・“和尚物語”の三段(当日の上演なし)からなっており、所要時間は約1時間30分です。

日 時 8月16日(金) おおむね15:00ごろ(施餓鬼会終了後)
場 所 広済寺/山武郡横芝光町虫生483
交 通 JR総武本線横芝駅からタクシーで約10分
問合先 TEL(0479)84-1358 横芝光町社会文化課 生涯学習班
URL http://www.town.yokoshibahikari.chiba.jp/