鎌数の神楽/鎌数伊勢大神宮(旭市)

  • LINEで送る

 江戸中期の宝暦6年(1756)から続く神楽で、五穀豊穣・村内平穏を祈願して祭礼の日に奉納されます。

 当日は、11:00頃から神社とともに伊勢から移ってきたと伝えられている薄田家から猿田彦を先頭にして出演者と神楽師、稚児の一行が神社へ向かう御練りがはじまります。その後、12:00過ぎから境内の神楽殿において神楽が奉納されます。

 演目は、“猿田彦”・“うずめ”・“おかめ”・“手(た)力雄(じからおの)命(みこと)”・“八幡”・“三宝(さんぽう)荒神(こうじん)”・“榊(さかき)葉(ば)”・“田の神”・“保食(うけもちの)神(かみ)”・“種子蒔”・“鯛釣り”・“出雲(いづも)切(ぎり)”の下総十二座神楽で豊作を祈願します。

 また、“弊束(へいそく)の舞”・“扇の舞”という二種類の稚児舞も奉納され、間に休憩を入れながら17:00まで続きます。太鼓・鼓・笛による古式豊かな演奏も加わり、神楽をさらに引き立てます。

 この神楽は、昭和40年に千葉県の指定無形民俗文化財となりました。

日 時 3月27日(水)~28日(木) 11:00~17:00
場 所 鎌数伊勢大神宮/旭市鎌数4314
交 通 JR総武本線干潟駅下車徒歩20分
問合先 TEL(0479) 55-5728 旭市生涯学習課