内黒田はだか参り/熊野神社(四街道市)

  • LINEで送る

 南北朝時代1376年創建の内黒田熊野神社では、神道と密教における修験道の流れを組むともいわれ、数百年の歴史を持つ伝統行事「内黒田はだか参り」で五穀豊穣と無病息災を祈願します。

 内黒田地区の男性たち(裸坊)が焚き火の側で水をかけ合い身を清め、鳥居と拝殿の間を七往復します。そして水に浸した長さ約30㎝の稲わらの束を拝殿へ3本投げこみ、散らばった形の様子でその豊凶を占い祈願します(焚き火「かまやき」にあたると、その年は無病息災になると伝えられています)。その後、“中入り”という休憩をとり、地区の女性たちが太巻き、おはぎなどの地元料理を裸坊に振る舞います。続いてさらに五往復し、最後に本堂を3周して終了します。四街道市無形民俗文化財。

日 時 3月15日(金) 16:00~
場 所 熊野神社/四街道市内黒田629(四街道市営霊園近く)
交 通 JR総武本線四街道駅及び物井駅から千葉内陸バス バードヒル池花行き内黒田下車徒歩10分※駐車場はありません
問合先 TEL(043)421-6134 四街道市産業振興課