木内十二座神楽/木内大神(香取市)

  • LINEで送る

 江戸時代後期、文化年間(1804~1818)には既に執行されていたといわれ、文政12年(1829)には神楽面11面を修理したとの記録が残っています。

 明治以前は、最寄りの神職が相会して奉仕し、明治初期頃から氏子の青年により行われるようになりました。

 現在は、地元の有志で組織する木内神楽保存会によって十二座神楽が継承され、氏子の安泰と五穀豊穣・商売繁盛を祈願し、3月3日の祭礼に奉納されています。

日 時 3月3日(日) 12:00~17:00
場 所 木内大神/香取市木内1166
交 通 JR成田線小見川駅下車タクシー10分
問合先 TEL(0478)50-1224 香取市教育委員会生涯学習課