論説

地域防災の在り方再考を 担い手不足の消防団員 【論説】

 地域の最前線で住民の安全を守る消防団員の担い手不足が深刻化している。総務省消防庁などによると、2020年の全国の団員数は約81万8千人、千葉県では約2万5千人といずれも過去最少となった。1 ・・・

【残り 845文字】



  • LINEで送る