ちばの選挙

<多古町長選>所氏が初当選

  • LINEで送る

初当選を果たし支持者らと万歳三唱する所氏(中央)=8日午後11時15分ごろ、多古町多古

 任期満了に伴う多古町長選は8日投開票され、無所属で新人の所一重氏(53)=自民推薦=が、無所属で現職の菅沢英毅氏(73)=3期=を破り、初当選を果たした。

 所氏は、第3滑走路新設など成田空港の機能強化に伴う騒音対策や、独自アイデアである空港第4ターミナルビル誘致などの公約をアピール。「住民本位のボトムアップの政治」の推進を各地域で訴え、支持を広げた。

 菅沢氏は、多古台開発や教育環境の整備など3期12年の実績を訴え、町政の継続を呼び掛けたが及ばなかった。