ちばの選挙

木更津市長に渡辺氏再選

  • LINEで送る

 任期満了に伴う木更津市長選は18日告示され、無所属で現職の渡辺芳邦氏(53)=自民、公明推薦=のほかに立候補の届け出が無く、無投票で渡辺氏の再選が決まった。市選挙管理委員会によると、1947年の公選制による第1回市長選以降、無投票は初めて。

 渡辺氏は昨年9月の市議会で、「引き続き市政を担わせてもらい、将来を見据えたまちづくりに取り組みたい」と出馬を表明。2期目の公約として、2020年の東京五輪を生かした経済・雇用の安定、木更津港内港の再整備などを掲げた。連合千葉からの推薦も取り付けた。

 前回の市長選は新人同士の一騎打ちで、渡辺氏が激戦を制し初当選した。

 ◆渡辺氏の略歴 市長、君津郡市広域市町村圏事務組合管理者、君津広域水道企業団企業長(元)県議、木更津市観光協会会長、建材販売会社社長。日大理工学部卒。長須賀。