ちばの選挙

越川氏、大差で再選 投票率52・57% 銚子市長選

  • LINEで送る

 任期満了に伴う銚子市長選は23日、投開票され、現職の越川信一氏(55)=1期=が、前職で弁護士の野平匡邦氏(69)、新人で前市議の椎名亮太氏(32)を破り再選を果たした。

 投票率は52・57%で、前回選挙(47・76%)を4・81ポイント上回った。当日有権者数は5万4388人(男2万6036人、女2万8352人)。

 越川氏は「若者の雇用をつくり、財政再建を成し遂げるため、オール銚子のつながりが大事」などと呼び掛け、財政再建や漁業・自然と共生する洋上風力発電の実現といった政策を訴えた。本人だけでなく多くの市議が市内各地で街頭演説を行い、支持を広げた。

 椎名氏は根本的な行政改革、野平氏は水産学部の誘致などを掲げたが及ばなかった。

 また、市議補選(欠員1)は元職、新人の計2人で争われた。

◆越川氏略歴=市長、元市議、銚子青年会議所理事長、地域紙社長、市立春日小・同第四中PTA会長、慶大経済学部卒。春日町。

◆銚子市長選開票結果=選管確定=

当16932 越川 信一 55 無現(2)
  8478 野平 匡邦 69 無前
  2995 椎名 亮太 32 無新

◆銚子市議補選開票結果=選管確定=

当14804 池田 健一 39
  9780 桑村 邦博 72