ちばの選挙

2新人一騎打ち 財政再建巡り舌戦 富津市長選告示

  • 0
  • LINEで送る

 任期満了に伴う富津市長選は25日告示され、いずれも無所属の新人で、元副市長の高橋恭市氏(46)=自民、公明推薦=と公認会計士の地引直輝氏(36)が立候補を届け出た。市の経営改革や財政再建などを焦点に、市政の新たなかじ取り役を巡る一騎打ちの舌戦がスタートした。< ・・・

【残り 1020文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円の一般プランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン