2020夏季千葉県高等学校野球大会

ちばの選挙

市政継続か刷新か 2日投開票 富里市長選

 任期満了に伴う富里市長選は、2日に投開票される。立候補しているのは元同市議会議長で新人の杉山治男氏(57)=無所属=と現職で4期目を目指す相川堅治氏(75)=無所属、自民推薦。暮らし環境や、にぎわい創出をめぐり、刷新による現状打破か、現市政継続での推進かを問う一騎打ちは最終盤を迎えた。

 杉山氏は「今、変えなければ」「若さで行動力」をキャッチフレーズに、市の変革を主張。近接する成田空港の機能拡充への積極関与で活力を呼び込む「空港圏都市づくり」や子育て支援へのシルバー人材の活用、農産物のブランド化などを訴える。成田市との合併を問う住民投票の実施も掲げて同市と隣接する日吉台地区を重点的に回り、票の掘り起こしを図る。

 相川氏は、3期12年の実績を踏まえ、将来にわたって持続可能なまちづくりの総仕上げに今後4年間で取り組む責任を強調。「笑顔あふれる富里を次の世代へ」を旗印に、福祉子育て支援、教育、市民との協働、農業、商工観光、道路網をそれぞれ充実させるとした「六つの約束」への幅広い支持を呼び掛けている。選挙戦最終日は街頭演説を精力的に行う方針だ。

 前回4年前に過去最低の23・46%だった投票率も焦点。同市選管によると、27~30日の4日間の期日前投票者は1221人で、4年前の同期間の2倍強だが、今年4月の市議選(最終投票率44・50%)と比べると6割程度になっている。

 投票は2日午前7時~午後8時に11カ所で行われ、午後9時から中央公民館4階大会議室で開票。午後10時半には当落判明の見通し。期日前投票はきょう1日も市役所1階と北部コミュニティセンターで可能。

 7月25日現在の選挙人名簿登録者数は4万481人(男2万771人、女1万9710人)。

◆富里市長選立候補者(右から届け出順)

 杉山治男(すぎやまはるお) 57 無新
 元県議秘書、富里市議会議長、同市議・町議(計4期)、農業委員、会社員、農業。八街高卒。富里市出身。十倉。

 ◇公約 成田市との合併を問う住民投票の実施▽成田空港関連等の就職相談センター窓口の設置▽日吉台・七栄商店街再興▽子育て支援にシルバー人材の登用を▽事業仕分けの実施で情報公開▽道の駅開業による観光客誘致▽農産物のPRブランド化推進

 相川堅治(あいかわけんじ) 75 無現(3)
 自民推薦 全国市長会理事、県市長会理事元富里市議会・町議会議長、同市議・町議・村議(計5期)。成田高卒。富里市出身。中沢。

 ◇公約 保育園人数拡大などで待機児童ゼロ▽市民と行政の協働▽水害に遭わない農地づくり▽商工観光課設置、旧岩崎別邸の観光ゾーン化▽空港と連携を深め、経済活性化と雇用促進▽第3工業団地推進▽成田市から富里商業地域に直結の都市計画道整備


  • LINEで送る