ちばの選挙

野田氏、知名度で7選 4区 【ちば衆院選】

 抜群の知名度を生かし、県内選挙区で唯一、終始リードしていた民主野田氏。午後8時10分ごろ「当確」が伝わると、船橋市の事務所に集まった支援者は「よしっ」と7選を祝った。

 姿を見せた野田氏は「同志の応援で選挙区を留守がちにしたが、全力で支えてもらい感謝している」と述べゆっくりと頭を下げた。

 また、「頂いたこの議席はとにかく有効に活用し、二大政党制に向けた歩みができるような国会活動に心して取り組む」と述べた。

 野田氏は他候補の応援で多くの時間で選挙区を不在にしたが、早朝の駅立ちを続け地元活動を補った。


  • LINEで送る