ちばの選挙

いじめ・体罰解決や地元産業支援 三輪氏が知事選重点政策 2013ちば知事選

  • LINEで送る

 知事選に無所属での立候補を表明している千葉大名誉教授の三輪定宣氏(75)=共産党推薦=が21日、県庁で記者会見し、重点政策を発表した。三輪氏は教育学者としての経験を踏まえ、いじめ・体罰問題の解決や、地元産業支援による雇用拡大などを訴えた。

 いじめ問題では「子どもの自発的解決能力を引き出し、保護者の知見を生かして学校ぐるみで真剣に取り組む必要がある」と指摘。体罰については「犯罪行為であることを明確にして厳しく禁止する」とした上で「子どもを一人の人間として大切にする教育観と指導能力を高める」と述べた。