ちばの選挙

小川議長の公認を申請 自民党市連、県連に提出 2013年千葉市長選

  • LINEで送る

 自民党千葉市連合支部(市連)は5日、千葉市長選(5月26日投開票)に立候補の意向を示している市議会議長の小川智之氏(39)の支援を決め、党県連に小川氏の公認申請書を提出した。県連は今後、県内選出の国会議員団会議を開き対応を協議する。

 自民党市議団は小川氏支援で一致しており、2月28日には小川氏と市連に所属する市内選出の県議が会談。小川氏の公認申請に対して県議側は了承し、市内に選挙区がある国会議員の意向を確認した上で市連としての対応を決めることにしていた。

◆「議題にしない」 桜田会長は慎重姿勢
 市長選に向けて、市連から小川氏の公認申請が県連に提出されたことを受け、桜田義孝県連会長は5日、千葉日報社などの取材に「6日朝に開催予定の県選出国会議員団会議で議題としない方針だ」と述べ、早急に判断を下すことに慎重な姿勢を示した。

◆連合が熊谷氏推薦
 連合千葉は4日、執行委員会を開き、市長選で現職の熊谷俊人氏を推薦することを決めた。