ちばの選挙

坪井氏が出馬表明 「しがらみない政治を」 浦安市長選

 任期満了に伴う浦安市長選(17日告示、24日投開票)で、弁護士の坪井祐一氏(31)が8日、会見を開き「しがらみがなく未来に責任が持てる政治を目指す」として無所属で出馬することを明らかにした。

 同市長選への出馬表明は現職の松崎秀樹氏(60)=3期目=、同市議の折本ひとみ氏(52)=民主推薦=、元会社員の赤尾嘉彦氏(56)に次いで4人目。

 坪井氏は「情報公開が進んでおらず、市政が一部のみで運営されている」と現体制を批判。「現職の4期目当選を阻止したい。有権者に第3極を提供する」と出馬動機を説明した。主な公約として▽教育関係予算の20%以上増額▽学力向上に向けた進学塾との連携▽「あんしん老後基金」の設立▽市庁舎建設基金の全額取り崩し-などを挙げた。


  • LINEで送る