馬術x球技の新エクストリームスポーツ「ホースボール」の初代日本代表チームが2022年フランスW杯に初出場!クラウドファンディングを開始し、企業協賛も募集中。

  • LINEで送る

日本ホースボール協会
日本ホースボ―ル協会(代表:西島隆史、以下JHBA)は、2022年8月15日~8月20日の間、フランス サン=ローにて開催されるホースボールのワールドカップ(2022 FIHB WHR Horseball World Cup)に日本代表チームが初出場するのにあたり、その遠征・参加資金をクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて募集を開始しました。募集期間は2022年7月31日(日)までで、金額は300万円を目指します。並行して、企業協賛も募集しております。
https://camp-fire.jp/projects/view/588715

 

■ホースボールとは
“ホースボール”とはその名の通り「乗馬を行いながら球技を行うスポーツ」であり、人馬一体となり猛スピードで激しくボールのやり取りをするところから「ケンタウロスのラグビー」と呼ばれたり、ハリーポッター作品に登場するスポーツになぞらえて「馬のクイディッチ」と例えられることもある、新世代エクストリームスポーツです。

歴史的にはアルゼンチンの国技のパトから派生したもので、フランスで現在の競技の形になり、現在は欧米を中心に世界28カ国、競技人口約50,000人に楽しまれております。ほとんどの球技と同じく、より多くの点を取ることを目的に、4騎対4騎で馬に乗ったまま、皮の取っ手のついた特殊なボールを扱いながら、ドリブル・パス・タックル・シュートをしてゴールを目指すのが基本的なルールになります。

ホースボールは非常に多彩な表情を持っています。競馬からも分かる、「馬と人の交わり」により生まれるドラマと熱狂。サッカーやバスケットボールなどに代表される、「球技」ならではのルールの親しみやすさと戦略的な奥深さ。そしてこれらが掛け合わされることによって現れる、荒々しくダイナミックで、曲技の如きアクロバティックなプレー。これらの限りではありませんが、観る人の目を釘付けにし、プレーする人を夢中にさせる、非常にユニークで特異なスポーツです。

FIHB(国際ホースボール連盟) 競技プロモーション動画 (by horseballm3)

情報提供 


千葉県内プレスリリース