日本最大級のフリーマーケット会場で「海洋ごみ削減」の取り組みを!【幕張メッセどきどきフリーマーケット】で海ごみ検定&エコ容器使用!

  • LINEで送る

海と日本プロジェクト広報事務局
LOVE OUR BAY 実行委員会は、日本最大級のフリーマーケットイベント「幕張メッセどきどきフリーマーケット」の会場で、「LOVE OUR BAY! 海ごみゼロ! プロジェクト」ブースを展開し、3日間にわたり海洋プラスチックごみの現状とその削減に対しての取り組みを紹介し、「海ごみ検定」を実施。更には会場内の「LOVE OUR BAYフードコート」では、プラスチックを使用しない、エコ容器で料理を提供するなど海洋プラスチックごみの削減と啓蒙活動を実施しました。これらは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で実施したものです。

 

幕張メッセどきどきフリーマーケット開催概要

・名称:幕張メッセどきどきフリーマーケット
・日程:2022年5月3日(火祝)~5日(木祝)
・場所:幕張メッセ国際展示場1~6ホール
・来場者:3日間合計・・・136,030人

LOVE OUR BAY! 海ごみゼロ! ブース

会場内中央のブースでは、海洋プラスチックごみの現状や問題の深刻さなどをパネル展示した他、「LOVE OUR BAY! 海ごみゼロ! プロジェクト」の活動内容に関してのパネルや映像、そして今期設置予定のごみ拾い専用回収BOX「拾い箱」の展示を行い、合わせて海洋ごみについての知識や理解を深めるために「海ごみ検定」も実施しました。海ごみ検定はスマホから海洋ごみに関しての設問をクイズ形式で10問答えるもので、ブース内のパネルをヒントに回答を考えながら参加してもらい、参加者には千葉県公式キャラクター「チーバくん」と本プロジェクトのコラボステッカーをプレゼント。3日間で約1,500人が「海ごみ検定」に参加しました。参加者は、初めて知る海洋ごみの状況や深刻さに驚く人も多く、パネルの写真や内容を時間をかけて見る様子が印象的でした。

 

フードの提供にエコ容器を使用

13万人以上が来場した会場内で「LOVE OUR BAYフードコート」を展開しました。10台のキッチンカーが並ぶフードエリアでは、全店舗がプラスチックを使用しないエコ素材(サトウキビの搾りかすと竹が原料)の容器を使用し、この容器にも「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」と本プロジェクトのロゴを入れて料理を提供しました。約4万食分のプラスチック容器の削減と合わせて、何故プラスチックを削減しなければならないのかを考えてもらうきっかけ作りになったことと思います。

 

<団体概要>
団体名称 :LOVE OUR BAY 実行委員会
URL :https://gomizero.loveourbay.jp/
活動内容 :海洋ごみ削減活動及びその啓蒙
 
CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/
 
日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供