【流山からJリーグへ】赤城山光明院神楽寺とサポートパートナー締結のお知らせ

  • LINEで送る

株式会社流山FC
NAGAREYAMA F.C.を運営する株式会社流山FC(千葉県流山市、代表取締役 安芸 銀治)は、真言宗豊山派の寺院である赤城山光明院神楽寺(千葉県流山市、住職 椎橋友都)とサポートパートナー契約を締結したことを発表いたします。

 

【赤城山光明院 住職 椎橋 友都様よりコメント】
この度、光明院はNAGAREYAMA F.C.の「流山からJリーグへ」という目標を応援させていただくこととなりました。ゼロからのスタートとなりますが、チームがレベルアップしていく喜びを一緒に味わいたいと思っております。

将来、目標が達成され地元流山にプロスポーツチームができ、ホームスタジアムに家族で徒歩や自転車で応援に行けるようになれば、とても素敵なことです。チャレンジは始まったばかりですし、この先、数え切れないほどの困難もあるでしょうが、NAGAREYAMA F.C.はチャレンジを続けてください。
チームを地元流山の多くの力で後押しをする、そのほんの一部分でも光明院が担うことができれば光栄です。

赤城山光明院(公式サイト)
https://komyoin.net/

赤城山光明院(千葉県公式観光物産サイト)
https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8828

【契約締結の背景】
赤城山光明院神楽寺の椎橋様は、株式会社流山FC代表 安芸のNAGAREYAMA F.C.設立の想いが掲載された流山の広報誌『広報ながれやま』の記事をご覧になり、NAGAREYAMA F.C.にご関心をお持ち頂きました。【「わたしも頑張ろう!」そのエネルギーをあなたに届ける】事をビジョンに掲げ、【10年以内にJリーグ参入を目指す】ことをミッションの1つとして活動するNAGAREYAMA F.C.の想いに共感いただき、今回のパートナー締結に至りました。

【株式会社流山FC 代表取締役 安芸 銀治 コメント】
赤城山光明院神楽寺様は古くからこの流山市を見守る寺院で、全く新しいサッカークラブを応援して頂けることが大変光栄で、有り難いことと思います。
いつしか流山にスタジアムが建設され、週末には子供から大人までが試合を観戦しに集まり、活気に満ち溢れた街になる事を夢に、NAGAREYAMA F.C.への期待をお話し頂きました。
Jリーグ参入という目標まで長く険しい道のりですが、地域の方が地元での試合観戦を楽しみにする未来のために、日々精進して参ります。

【NAGAREYAMA F.C.とは】
2021年に千葉県流山市に初めて設立された社会人サッカークラブ。2022年シーズンから千葉県3部リーグに参入し、10年以内のJリーグ昇格を目標に掲げている。「わたしも頑張ろう!そのエネルギーをあなたに届ける」というビジョンのもと、選手のセカンドキャリア問題にも取り組み、企業・地域と一体を目指し、Jリーグ参入という大きな目標に挑戦するクラブだ。

NAGAREYAMA F.C. 公式サイト
https://nagareyamafc.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供