千葉市が主催する最高峰のスピード感を間近で体感できる新しい自転車トーナメント「PIST6 Championship」セカンドシーズン「ZERO」 ROUND6出場の36名発表!

  • LINEで送る

株式会社PIST6
千葉市が主催する最高峰のスピード感を間近で体感できる新しい自転車トーナメント「PIST6 Championship(ピストシックス チャンピオンシップ)」は、2月3日(木)・4日(金)に開催される「PIST6 Championship ZERO ROUND6」に出場する36名の選手を発表いたします。
尚、ROUND6は平日開催のため、DAY・NIGHT両開催ともにチケット販売は実施いたしません。

 
◇「PIST6 Championship ZERO」について

2022年1月1日(土)・2日(日)から始まったラウンド1を皮切りに、3月19日(土)・20日(日)のラウンド11までレースを実施。その後、3月26日(土)・27日(日)に開催されるシーズンファイナルにて、「PIST6 Championship ZERO」のチャンピオンが決定します。海外選手や現役日本代表選手たちの参戦が期待される「PIST6 Championship 2022-23(2022年4月開幕)」の前哨戦となるシーズンです。

◇「PIST6 Championship ZERO」 ROUND6出場注目選手

■上杉嘉槻(YOSHIKI UESUGI)
活躍めざましい昨年デビューの119期生から、またひとり実力者がPIST6参戦。大学時代は国体でチームスプリント優勝、個人スプリント2位の成績。ダッシュ自慢のスピードタイプ。競輪でもメキメキ力を付けている注目株だが、ここPIST6でも期待したい存在だ。

■早坂秀悟(SHUGO HAYASAKA)
これまで予選では強いレースを披露したものの、まだ決勝には進出できていない。ただ、過去2戦どちらも準決勝で外枠を引いてしまい、不利な展開になってしまったのは明らか。ダッシュ自慢の元ナショナルチーム戦士、ひとたび主導権を握れば簡単には交わせない。果敢に攻めるレーススタイル、ぜひ現地で観戦を!

■松岡貴久(TAKAHISA MATSUOKA)
九州地区きってのイケメンレーサーがついにPIST6初参戦。モデル顔負けのそのルックスは、言うまでもなく女性ファン多数。肝心の走りももちろん一線級。競輪ではビッグレースの常連になっている。経験の浅い250m走路だが、持ち味の瞬発力はこの舞台にもフィットするはず。

◇「PIST6 Championship ZERO」 ROUND6 出場選手一覧

 
 

※直前のレースなどにより、欠場及び出場選手が変更する場合がございます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供