ヒルトン 「F&Bマスターズ 2024」日本・韓国・ミクロネシア地区決勝大会開催

  • LINEで送る

ヒルトン
ヒルトングループ24ホテルから過去最多となる119名が出場

 
【2024年3月1日】 ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区(所在地:東京都新宿区、代表:ティモシー・ソーパー)は、2024年2月27日(火)・28日(水)の2日間にわたり、ヒルトンの料飲コンテスト 「F&Bマスターズ 2024」 日本・韓国・ミクロネシア地区決勝大会をヒルトン東京ベイで開催しました。

「F&Bマスターズ」はアジア太平洋地域で開始し、日本・韓国・ミクロネシア地区で今年8回目の開催となります。所属部署を問わずヒルトングループのホテルの全チームメンバー(総料理長、料理長、ペストリーシェフなど一部を除く従業員)を対象とした知識、技術と創造性を競う大会です。
 

今大会から日本・韓国のみならず、ミクロネシア(グアム)も加わり、各ホテルの予選大会を勝ち抜いた過去最多となる24ホテル119名のマスターズ(達人たち)が料理・菓子・ソムリエ・バー・バリスタ・フォトの合計6部門で技を競い合いました。
 
今年は、料理部門ではフロリレージュの川手寛康氏、菓子部門でパティスリー・サダハル・アオキ・パリの青木定治氏をはじめ、各部門に精通する専門家をゲスト審査員として招き、厳正に審査が行われました。見事、勝ち抜いた6部門の各優勝者には、海外での料飲体験や賞品が贈呈されました。

料理部門の優勝者、ヒルトン小田原リゾート&スパの田島直人は、優勝した喜びを次のように述べました。
「入社4カ月目で参加した前回は2位で悔しい思いをしました。今回は2時間半という制限時間内で料理を仕上げるため、火を使わず、低温調理やフライヤーで調理しました。その結果、30分ほど余裕ができ調理場の清掃など衛生面に時間を使えました。全力を出し切ったので、名前が呼ばれた瞬間とても嬉しかったです。『F&Bマスターズ』は私にとって良い機会でした。今後はヒルトングループ内のホテルで総料理長を目指して頑張っていきたいです」

同大会を終え、ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区 代表であるティモシー・ソーパーは、次のように述べています。
「卓越した料飲サービスは、長年当社のグローバルビジネスを成功に導き、日本・韓国・ミクロネシア地区で成長を遂げる上で、私どもにとって欠かせないものです。チームメンバーは、技術と知識、想像力を駆使して、お客様に思い出に残る特別な料飲体験をご提供するため、日々努力を重ねています。今年の『F&Bマスターズ』は、同地区の24ホテルから119名のチームメンバーが決勝大会に挑みました。同大会を通して、お客様へ高品質な料飲体験を提供することで、ロイヤルティを高め、また各ホテルのチームメンバーの才能を発揮できる機会です」

2023年、ヒルトンが世界で最も働きがいのある会社に選出
昨年ヒルトンは、米フォーチュン誌とGreat Place To Workによる「2023年版 働きがいのあるグローバル企業 (https://hatarakigai.info/news/2023/1117_3272.html)」に初めて第1位に選ばれました。これまでも当社は、「働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」に7年連続で上位に選出されていましたが、同ランキングでホスピタリティ企業が最上位を獲得したのはヒルトンが今回初となりました。
 
ヒルトンにとってチームメンバーは最大の財産であると考え、長期的な人材戦略としてチームメンバーの成長機会を提供し、毎日活き活きと働き、最高のパフォーマンスを発揮できるインクルーシブな環境で強固な企業文化を構築するために努力を重ねています。具体的には、「F&Bマスターズ」のようなチームメンバーの人材開発やグループホテル間の交流の機会によってエンゲージメントを向上する他、女性およびLGBTQ+のチームメンバーを支援する社内コミュニティを通してアライシップ(社会的弱者に対する理解や支援)を育んだり、週1から勤務可能なパートタイマーやギグワーカーの採用などよりフレキシブルな職場環境を提供するなど、ヒルトンでは多面的な取り組みを行っています。

ヒルトン「F&Bマスターズ 2024」日本・韓国・ミクロネシア地区決勝大会開催詳細
決勝大会参加ホテル:24(日本21 / 韓国2 / ミクロネシア1)
【日本】ヒルトンニセコビレッジ/ヒルトン東京ベイ/ヒルトン東京/コンラッド東京/ヒルトン東京お台場/ヒルトン小田原リゾート&スパ/ダブルツリーbyヒルトン富山/旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン/ヒルトン名古屋/ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts/ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸/ダブルツリーbyヒルトン京都東山/ヒルトン大阪/コンラッド大阪/ヒルトン広島/ヒルトン福岡シーホーク/ヒルトン長崎/ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城/ヒルトン沖縄北谷リゾートとダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの合同チーム/ヒルトン沖縄瀬底リゾート/ヒルトン沖縄宮古島リゾート
【韓国】コンラッド・ソウル/ダブルツリーby ヒルトン・ソウル・パンギョ
【ミクロネシア】ヒルトン グアム リゾート&スパ

・日時: 2024年2月27日(火)・28日(水)
・場所: ヒルトン東京ベイ
・6部門競技会:
 料理部門:調理~審査      参加人数:22名
 菓子部門:調理~審査      参加人数:20名
 ソムリエ部門:筆記試験~実技  参加人数:19名
 バー部門:筆記試験~実技    参加人数:20名
 バリスタ部門:筆記試験~実技  参加人数:19名
 フォト部門:審査        参加人数:19名

###ヒルトンについて
ヒルトンは、世界126の国と地域に7,500軒以上(約120万室)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年以上の歴史で30億人を超えるお客様をお迎えしました。米フォーチュン誌とGreat Place To Workによる「働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」で第1位に選出され、世界有数の ESG投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で世界的リーダーにも7 年連続選出されています。ゲストエクスペリエンスを向上するため、デジタル・キーの共有、無料の客室アップグレードの事前選択および「コンファームド・コネクティングルーム」機能など業界をリードするテクノロジーを導入しています。22グローバル・ブランド・ポートフォリオのうち、日本では、6ブランド・25軒のホテルを展開しています。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ (https://hiltonhotels.jp/hhonors) 」の会員数は1億8,000万人以上を有し、ヒルトンの公式チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、宿泊や体験などに交換できるポイントを獲得することができます。また、無料のヒルトン・オナーズ・アプリ(https://apps.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066)から客室の選択、デジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内の一部のホテルではデジタル・キーは未導入)をご利用いただけます。
最新の情報はこちらをご覧ください。https://stories.hilton.com/https://www.facebook.com/hiltonnewsroomhttps://twitter.com/hiltonnewsroomhttps://www.linkedin.com/company/hiltonhttps://www.instagram.com/hiltonnewsroom/https://www.youtube.com/hiltonnewsroom
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供 


千葉県内プレスリリース