フィギュア三原2位、本田は6位 ネーベルホルン杯

  • LINEで送る

ステップの練習をする三原舞依=盛岡市アイスリンク、8月17日撮影

 フィギュアスケートのネーベルホルン杯は28日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、女子はショートプログラム(SP)で3位につけた三原舞依(シスメックス)がフリー2位の138・28点、合計209・22点で2位に入った。

 SPで7位だった本田真凜(JAL)はフリー4位の122・23点、合計178・89点で6位だった。平昌冬季五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がルール改正後の世界最高となる合計238・43点で優勝した。(共同)