飲んで踊って、街全体で大宴会 土佐の「おきゃく」始まる

土佐の酒宴「おきゃく」が始まり、乾杯する人たち=2日午後、高知市

 酒や料理を囲み、歌ったり踊ったりする土佐の「おきゃく」が2日、高知市中心部で始まった。街全体を宴会場に見立てて屋台や座敷などがあちこちに設けられ、酔客らがにぎやかに杯を重ねていた。お座敷遊びやよさこい踊りなどのイベントも10日まで開催される。

 おきゃくは土佐弁で宴会の意味。家族や友人だけでなく、隣り合った人など初対面の人と酒を酌み交わして親交を深める。高知の食を盛り上げたいと2006年から始まった。

 徳島県から高知市に転勤してきた会社員平岡美希さん(42)は午前10時から飲んでいたという。「初めて参加した。最高に楽しい」と、コップ片手に笑顔を見せた。


  • LINEで送る