予算2日にも衆院通過 立民が解任・不信任案連発

衆院本会議で自身に対する不信任決議案が否決され、一礼する鈴木財務相=1日深夜

 衆院で1日、2024年度予算案採決を巡る与野党攻防が激化した。与党は予算委員会での採決を目指したが、野党が反対し、深夜まで予算委や本会議を開催。最終的に2日午前に質疑を続行する日程で合意した。与党は23年度内の成立を確実にするため、2日中の衆院通過を目指す。立憲民主党は小野寺五典予算委員長(自民党)の解任決議案や鈴木俊一財務相に対する不信任決議案を衆院に提出して徹底抗戦した。

 立民幹部は、2日に新たな波乱がなければ採決に応じる考えを示した。

 立民の山井和則氏は衆院本会議で行われた予算委員長解任決議案の趣旨弁明で、衆院最長となる2時間54分の演説を行った。小野寺氏が与党方針に沿い、予算案を1日に採決する日程をいったん職権で決めた対応を批判。「例年通り80時間審議して円満に採決するよう求めている」と訴えた。

 その後の採決で、与党や日本維新の会などの反対多数により否決された。立民に加え共産、国民民主両党などは賛成した。

 財務相不信任決議案も1日深夜の衆院本会議で与党や維新などの反対多数により否決された。


  • LINEで送る