自民「派閥復活させず」 24年運動方針、原案判明

自民党の2024年運動方針原案ポイント

 自民党の2024年運動方針の原案が27日、判明した。派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け「これまでの派閥から脱却し、二度と復活させない」と明記。国民の政治への信頼を取り戻すため「解体的に出直す覚悟で不断の改革努力に最優先で取り組む」と決意を示した。年内の憲法改正実現のため、国民投票を通じ判断を仰ぐとした。複数の関係者が明らかにした。

 今後、運動方針に沿って改革を実行できるかどうかが問われる。運動方針の責任者を務める金子恭之組織運動本部長が岸田文雄首相(党総裁)ら党幹部と文案の調整を進めた後、3月17日の党大会で正式決定する。

 表題は「政治を刷新し、改革の道を歩む」とした。


  • LINEで送る