間垣親方「何も聞いていない」 宮城野部屋の師匠代行巡り

昨年6月、引退記者会見で涙を拭う元幕内石浦の間垣親方。右は師匠の宮城野親方=両国国技館

 大相撲の元幕内北青鵬による暴力行為に対する監督義務違反に伴い、宮城野親方(元横綱白鵬)が宮城野部屋の師匠の立場を外れる問題で、同部屋付きの間垣親方(元幕内石浦)は24日、現状について「何も聞いていない。分からない。連絡を待つだけ」と説明した。3月の春場所に向け、所属する伊勢ケ浜一門が師匠代行を任命する。

 宮城野親方は23日の日本相撲協会の臨時理事会で委員から年寄への2階級降格、3カ月の20%報酬減額処分を受けた。師匠としての素養と自覚が欠如しているとして、4月以降は伊勢ケ浜一門が宮城野部屋を預かり、運営方法を協議する。北青鵬は現役を引退した。


  • LINEで送る