衆院政倫審に松野、高木、西村氏 安倍派5人組から

国会内で記者団の取材に応じる西村前経産相=21日午前

 自民党安倍派「5人組」の松野博一前官房長官と西村康稔前経済産業相、高木毅前国対委員長は、派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院の政治倫理審査会に出席すると党幹部に伝えた。関係者が21日、明らかにした。自民の浜田靖一国対委員長は、衆院の政倫審を来週開催する考えを野党側に伝達した。日程は今後調整する。自民には松野氏ら政倫審出席者の追加を呼び水に、2024年度予算案の年度内成立を確実にしたい思惑がある。

 浜田氏は立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、安倍派3氏の出席意向を伝えた。安住氏は出席者追加に関し「前進だ。きのうは『話にならない』と言ったが、少しは話ができるようになった」とした。

 西村氏は国会内で記者団に「私の知っていることを全て正直にお話ししたい」と述べた。世耕弘成前参院幹事長も、参院の政倫審が開かれれば出席する意向を固めた。

 自民は20日、安倍派座長を務めた塩谷立氏と二階派の武田良太事務総長の出席を野党側に伝えたものの、野党は不十分と反発していた。


  • LINEで送る