森林譲与税、山間部配分増 政府与党、人口比例圧縮

森林環境譲与税の仕組み

 政府、与党は22日、森林の整備や保全のために自治体に配る「森林環境譲与税」の配分方法を見直す検討に入った。人口の多さに応じて配る割合を総額の30%から20%に引き下げ、代わりに私有人工林面積に比例する分を50%から60%に引き上げる方向。これにより人口が少なく森林が多い山間部の自治体は、原則として配分額が増える。

 複数の関係者が明らかにした。詳細は与党の税制調査会が詰め、2024年度から切り替える。増収分は花粉症対策などへの活用を促す。総額の20%は引き続き林業就業者の数に応じて配る。

 森林環境譲与税は19年度に導入後、配分総額が段階的に増えている。


  • LINEで送る