「潜水士カレー」を販売、神戸 海難救助“海猿”向けレシピ再現

レトルトカレー「みなと神戸を守る!潜水士カレー」をPRする第5管区海上保安本部の潜水士たち=6月、神戸市(同本部提供)

 第5管区海上保安本部(神戸)が地元の「エム・シーシー食品」と共同で、レトルトカレー「みなと神戸を守る!潜水士カレー」を開発、販売中だ。映画「海猿」でも知られ、海難救助の激務に従事する潜水士も実際に食べている高タンパク質のチキンカレーを再現。担当者は「カレーを通じ海の安全対策を知るきっかけになれば」と話している。

 5管によると、管轄下の神戸海上保安部の巡視艇「はるなみ」(全長35メートル)で出されるチキンカレーのレシピに基づき、隠し味には粒マスタードを使用。子どもも食べやすいよう、辛さは控えめにした。


  • LINEで送る