立民「分配なくして成長なし」 富裕層に課税、公約を発表

衆院選公約を発表する立憲民主党の枝野代表=13日午後、東京都千代田区

 立憲民主党の枝野幸男代表は13日、記者会見し衆院選公約を発表した。「分配なくして成長なし」を掲げて医療や介護、教育など公的サービスに予算を重点配分。格差や貧困を減らすことで消費を増やし、成長を促す経済政策を柱とした。富裕層や超大企業への課税強化で財源を賄う。「成長も分配も」として金融所得への課税強化を一転先送りした岸田政権に対し、分配重視で「1億総中流社会」復活を目指す。

 新型コロナ対策で総額30兆円超の補正予算を編成。1年間に限定し年収1千万円程度まで所得税を実質免除し、低所得者に年額12万円を給付する。医療・介護従事者には慰労金20万円も支給する。


  • LINEで送る