巨人、坂本選手ら2人陽性 新型コロナ、球団が発表

巨人の坂本勇人内野手、大城卓三捕手

 プロ野球巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性反応が出たと発表した。球団によると2選手とも症状はなく、新型コロナの遺伝子量は微量などとして、PCR検査で陰性が確認でき次第、早期にチーム合流を目指すとした。

 プロ野球で選手の感染が判明するのは3月下旬に阪神の藤浪晋太郎投手ら3選手が陽性となって以来。巨人は1軍の選手、監督、コーチ、スタッフ全員に4日午前までにPCR検査を実施する。感染拡大を防ぐため、3日に東京ドームで予定されていた西武との練習試合を中止した。


  • LINEで送る