六ケ所村再処理工場が事実上合格 規制委が了承、稼働時期見通せず

原子力規制委の定例会合=13日午前、東京都港区

 原子力規制委員会は13日の定例会合で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の安全対策が新規制基準に適合しているとする「審査書案」を了承した。本格稼働の前提となる審査に事実上合格した。

 再処理工場では、原発の使用済み燃料から、再利用できるプルトニウムやウランを取り出す。燃料を繰り返し使う国の「核燃料サイクル政策」の中核施設とされ、合格は稼働に向けた一歩。ただ、合格後も設備の工事計画の審査が続くため、稼働時期は見通せない。

 核兵器に転用可能なプルトニウムの大量保有は国際社会の懸念を招きかねず、工場が完成しても、どれほど稼働できるかは不透明だ。


  • LINEで送る