クルーズ船、乗客下船へ 3日目、450人対象

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した乗客ら=21日午前10時6分、横浜港

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染で、ウイルス検査の結果、陰性だった乗客らの下船が21日も始まった。19日に始まり3日目で、対象は最大約450人。各国政府のチャーター機を待つ外国人や、感染者と同室だった濃厚接触者は待機が続くが、厚生労働省は21日をめどに、他の乗客らの下船を終える構えだ。

 厚労省によると、乗客は陰性なら健康チェックをして下船し日常生活に戻る。19日には443人、20日には274人が下船した。感染者と同室だった濃厚接触者は14日間の健康観察期間の終了日が延びるため下船が遅れる。乗員の扱いも運航会社と調整する。


  • LINEで送る