車炎上2人死亡事故、男を逮捕 ひき逃げ容疑「不安になった」

 栃木県鹿沼市の県道で乗用車が街路樹に衝突、炎上し2人が死亡した事故で、鹿沼署は26日、直前にこの乗用車と接触事故を起こし逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、宇都宮市の会社員大橋強史容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は23日午後11時25分ごろ、乗用車で鹿沼市深津の県道をUターンした際、対向してきた乗用車の右前部付近とぶつかって街路樹に衝突させ、そのまま逃走して2人を死亡させた疑い。

 署によると、「不安になって逃げた」と大筋で容疑を認めている。残された車の部品などから大橋容疑者を特定した。


  • LINEで送る